Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSASHI~放送オリジナルバージョン~DVD-BOX発売

>BS-iにて毎週日曜に放送中の時代劇アニメーション「MUSASHI-GUN道-」のDVDが登場!! 現在作業進行中のリテイク版差替え前の、今後は見ることができなくなる予定となる1話~8話までの本編放送映像と、1話~3話の絵コンテ映像などのアフレコバージョンを収録し、限定生産BOXで発売。

MUSASHI~放送オリジナルバージョン~DVD-BOX [初回限定生産]/アニメ

MUSASHI~放送オリジナルバージョン~DVD-BOX [初回限定生産]/アニメ


これは…、買うしか無いのか?
1話あたりのコストパフォーマンスは並のアニメより遙かに優れているように見えるけど。
あの名シーンの数々が今後のDVDでは見られなくなる可能性を考えると買いでしょうか。
むしろ今後リテイクされたDVDが発売されるのかすら怪しいかも。

MUSASHI -GUN道- (from YouTube)

MUSASHI GUN道 賢者の舞;The Dancing of the Sage
足が地面に刺さる奴。
GUN道を謳っているくせに、殴ってるだけだし。

閃光GUNDOH PV -A Tribute to MUSASHI- やや高画質版
くせになりそうな感じ。
これはもう連続再生しかないでしょ。

hare hare MABUSHIT (MUSASHI+HARUHI)
殺意さえ沸いてくるぐらいにハルヒEDを冒涜している作品。
最後のぽか~んな人々はなんだろうか。(店員さん可愛い。)

MUSASHI うたわれるもの(仮)
キンッ!キンッ!キンッ!キーン!の和尚の動きと。最後の音ずれ気味が良い味。
「自由に飛び回れる~」あたりの曲とのマッチングは最強。
比較しては駄目だけど、全体的にうたわれるものOPに似ていたりする。※参考(http://www.youtube.com/watch?v=Gq8uWLMaLg8)

ブラクラMUSASHI
ブラクラといってもBLACK LAGOON。
色々と素材にプラスされており、まぶしいくらいあまりにも出来が良すぎる代物。
これを見てGUN道に足を踏み入れれば…、落ちながら戦える。

GUN道3級 まじかる?MUSASHI(仮)
絵と曲はあっているけど、インパクトが無い。
MUSASHIのうま味を殺しているのではないだろうか。

ヴァルキリープロファイル2 シルメリアPV?

ギロチンされ掛けているおっさんは前作でうざいぐらいに戦った記憶のあるディバンのバルバロッサか。
最近になってまた前作をやっているけど、やっぱりこのゲームは面白いよね。

追記を表示

MUSASHI -GUN道- 第4話 ガン鬼の銃

今まで噂には聞いていたけど、時間の無駄奇しくも時間が取れずに見られず終いだった作品ですが、視聴してみようかと思った次第。
クッキーが消えるたびに再設定を要求するGyaoがウザいで敬遠してきたってのもあるんですけどね。
まあGyaoのウザさはくっきーだけじゃあ無いですけど、こんなビッチな作品を見るんだからビッチなサービス大いに結構とういことで。

まあ話の内容なんてどーでもいいことだが、そもそもこの時代にリボルバーなんて代物が存在するのかということに疑問を持つが、よく見るとシリンダーが回転していないのでよく似た別物なのだろう。
そもそも形状が似ているだけで銃の別の進化形態なのだろう。1-3話を見ていないのでいかんせん分からない。
だって公式HPがそんざいしないんだものねぇ、推測で語らざるを得ない。

で、今までは一部のシーンをYoutubeなんかで見ていたんでフルで見たのは初めてになるわけですが、これがまた本当にビッチ。
もうアクションをしているのかギャグをしているのか訳が分からない。
戦闘中だというのに皆で集まって余裕で会話しているし、敵さんは一体この時何と戦っているのかと。
そして何たって、弾が見えている。この時代の火縄銃なら音の方が速いとかいうことを聴いたような覚えがあるけど、そういう問題ですらない。
さらに鉄を溶かすほどの高温に熱せられた拳銃が地面に落ちた瞬間、人が触れられるだけの常温に冷めているとか、ちょっとあり得なくないかと。
もうヤシガニとかいうレベルの問題ではない、全てが何かを超越している。
12年という構想期間すら、12年前の最初の閃きでさえも12年遅れなのではないかと錯覚してしまう出来よう。
ここまで酷い出来だと何を伝えたいのかということが分からない…。
金を掛けてネタを提供してくれるのならそれで構いませんが。
せめてもう少し、いや現在のアニメ市場の需要マーケティングをやる気にさえなっていたならば、何かは変わっていたのかもしれない。
そう考えると、私の考えるマーケティングが行われなかったことを神に感謝しなければなりませんね。
空気アニメになるよりは、ある意味で需要は満たしているのですから。

伝説の名シーン、「あの爺さん、落ちながら戦っている」
http://www.youtube.com/watch?v=xo7Cp3GsyxQ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。